FC2ブログ
のんびり書きます AV感想
マイペースでAV感想を書いていきます。 国内・海外問わず書いていく予定ですので、よろしく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A Cornucopia Of Humongous Melons
これ買ったのいつ頃だったかな?10年くらい前かなあ?リサ・ウェポンズが見たくて買ったんですが、3人目の女優さんがすごく良い!マテリアルがかなり古い上にクレジットが無くってよく分かりません。この女優さんは一体誰でオリジナルのフィルム名は何なんでしょうか?ご存知の方いらっしゃったら教えて下さい。70年代後半くらいの素材でしょうか。
スカートを外すと、ボディスーツを着けていることが分かります。ボディスーツを脱ぐと真っ赤なブラジャー。あれ?!ノーブラじゃないんですね。フェラはチ○ポの根元まで咥えるディープスロート。ブラを外すと立派なオッパイがポロリ。フェラしてる時は重力で下に下がり見事な逆釣鐘を形作ります。私の好きな形です。ローションを使ってのパイ擦りがまたすごい。正常位→騎乗位から最後はパイ擦りから発射。首に発射された後のチ○ポを手に取ると最後のザーメンが顔面に・・最後はチ○ポをペロり。手に付いたザーメンを舐め舐め。
古い映像なので、画質はいまいちですが、テンションは最高。ぜひどうぞ。
Melon
Erotic Visions
98年に引退してしまったようですが、私の好きな女優さんの一人にクリスタ・メイズ(Krista Maze)という人がいます。超一流と言われる女優さんには無い「隣のお姉ちゃん」的な気の置ける雰囲気とそれに似つかわしくない天然巨乳。彼女が出演しているからと意識的にビデオを購入したことはありませんが、90年代中ごろは購入するビデオによく出ていてお世話になったもんです。
この「Erotic Visions」はキャメロン・グラントが監督しAdam & Eveから95年に発売されたビデオです。ハードコアながらも雰囲気のあるキレイな映像で全体的に良い仕上がりかと思います。
さて、クリスタ嬢ですが、残念ながら10分弱のみの映像です。ピアノを弾いているクリスタ嬢にピーター・ノースが忍び寄りキスから始まります。ランジェリーを身に着けたままオマンコを弄られ舐められるとうっとりとした顔で快感に浸ります。次は跪いてのフェラでお返しです。男優の膝にクリスタ嬢のオッパイが押し付けられ、その大きさをしっかりと確認できます。良いシーンです。体位は後背位→正常位と続きます。突かれる度にクリスタ嬢のオッパイは大きく揺れます。小さすぎず、大きすぎず良い形のオッパイです。最後は顔シャで終了です。尺は短いもののなかなかホットなファックです。ご馳走様でした。
クリスタ嬢の出演したビデオは他にもありますので、機会がありましたらアップしていきたいと思います。
EroticVisions

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

TABOO 11(Crazy on You)
ケイ・パーカー(Kay Parker)主演で今でも人気のある「Taboo」。その人気にあやかり「Taboo」はシリーズ化されましたが、本作はシリーズ第11作目にあたる作品です。製作は確か93年か94年頃だったかと記憶しています。偶然にメラニー・ムーア(Melanie Moore)とサンセット・トーマス(Sunset Thomas)のレズ・シーンを目にする機会があり、なかなかのホットなレズ・シーンに購入してみたわけです。今だったらDVDで正規物のコピー版となるのでしょうが、当時はアナログメディアであるVHSのビデオしか無い時代です。画像が悪いのはいた仕方ありませんが、それでもエッチシーンはホットなものが多く、当時何度も観返したものです。
冒頭のサマンサ・ヨーク(Samantha York)のDPも良いのですが、私が特に気に入ったのはモナ・リザ(Mona Lisa)のファックシーンです。彼女、初めは赤毛だったそうですが、途中からブロンドへ髪を染めたそうです。本作では綺麗な金髪をカチューシャで止め、一心不乱にチンポにむしゃぶりつきフェラを続ける彼女のホットな姿を見ることが出来ます。金髪に染めたサラサラヘアー、(豊胸手術しているようですが)大きなオッパイ、スレンダーな身体、細くてキレイな指、とエロさ満点です。
モナ・リザはやはり主役級女優のサポートで出演することが多かった女優さんですが、その独特のいやらしさはなかなかのものです。「Taboo」シリーズもここまで来るとパワーダウンしたとか色々言われていますが、「Taboo」として見なければ、まあまあの出来なのではないでしょうか。
TABOO11

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

カメレオン/The Chameleon
84年のVCA作品です。主演はトリー・ウェルズですが、私のお気に入りのシーンはエイプリル・ウエスト(デビー・ダイアモンド)のファック・シーンです。

トム・バイロンは妄想でトリーをエイプリルと思い込み激しいファックが始まります。エイプリルはオマ○コの毛を見事に剃り落としたパイパン姿でトムを誘います。正面からはオ○ンコの割れ目がはっきりと見えて、とてもそそられる姿です。
バスタオルを脱ぐと、おもむろに○ンポを口に持っていくのですがそのフェラが半端じゃない。チンポの根元まで咥えるというディープ・スロートを何度も見せてくれます(リンダ・ラブレイスほどいやらしくはありませんが)。それでも、大きなチ○ポが簡単に口の中に入っていく様子はかなりいやらしいものがあります。
フェラで楽しませてくれた後は騎乗位での合体です。エイプリルは自らの手でチン○をオマ○コへ誘い入れます。前方へ手を突き、中腰で○ンポを出し入れするオ○ンコは垂涎ものです。キレイにマン毛を剃っているということも手伝い、出し入れする様子が丸見えです。
正常位で激しくオマ○コを攻撃するとトムのチ○ポはたまらず射精してしまいます。ご丁寧にエイプリルの顔への発射です。
エイプリルのシーンはこれだけですが、アメリカのアダルト女優にしては小さ目のおっぱいに、ムチムチした下半身は個人的にかなりそそられます。
では。
カメレオン

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

All Natural Newcomers/ルシア
数年前にダイアプレスから発売された当時新人売出し中だった3人のモデルのビデオです。
明るく屈託の無い笑顔を見せるオータムの動く姿が見たくてビデオを購入(今はDVDもあるのかな?)。オータムの巨乳もかなりの興奮ものですが、フランス人のシャーロット、イギリス人のルシアもなかなか見ごたえがあります。
収録時間はやはりオータムが一番長くなっていますが、見終わってからはルシアが一番気に入りました。笑顔が可愛いことに加え、その形の良い大きなおっぱいに釘付けでした。
最近はとんと見ませんが、一体何をやっていることやら…。オータムの方はハードコアに出演したり、シャーロットは減量してプランパー体型を克服したりと話題はちょこちょことあったのですが、ルシアだけはあんまり聞きませんね。

さて、内容ですが国内版のビデオということもあり、きわどいショットはすべて削られています。おそらくオマ○コのアップのショット等あったと思われますが、残念ながらすべてカットされています。
ルシアのおっぱいは弾力がありそうでいながらも柔らかそうで、本当に美味しそうなボディです。後半で黒いパンティを履いたままオ○ンコを手でいじるというショットではオマ○コらしくものがチラりと見えます。

巨乳好きの方はぜひどうぞ。
では。
Lucia

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

Best of Chroe Vevrier/クロエ・ベブリエ
クロエが出演したスコアのビデオ・DVDをまとめたオムニバスDVDです。
個人的な注目はクロエがハードコアに挑戦した「Chroe’s Hardcore Debut」です。ダイアプレスから発売されている国内版ビデオしか見たことが無かったことと、オータムとの絡みも収録されているということで購入を決定。

クロエはマッサージ師という役柄です。ハードコアの前にロシア出身のキャシーとの絡みもあったはずですが、本作ではそのシーンは丸々カットされていて、いきなりキャシーと男の3Pが始まります。
キャシーもかなりの巨乳なのですが、クロエの前では全然目立たなくなります。クロエのおっぱいがいかに大きいかが分かります。
このハードコアビデオが出た時、クロエは「生娘のような」反応と言われましたが、将にそのとおりで、彼女のハードコアに擦れていない様がきっちりと収録されています。そんな彼女を気遣ってか、キャシーは常にクロエに寄り添います。
フェラ、パイ擦りと続き、クロエのオマ○コにチ○ポがゆっくりと挿入されます。彼女の喘ぎ声は絶品です。海外のハードコアで女優があんな喘ぎ声を出しているのは見たことがありません。クロエのおっぱいだけでなく、結合部のアップも多くかなり楽しめます。勃起しているクロエのクリトリスもはっきりと確認出来ます。本気で感じちゃっているようですね。もう熟女といってもいいくらいなのに将に「生娘」のような反応です。
最後はキャシーの手コキで発射となります。キャシーの手・顔、クロエのおっぱいに濃い目のザーメンがべっとりと付きファックは終了となります。
後半は男優と1対1のクロエのファックも収録されています。
クロエ好きは見るべし。
ベスト・オブ・クロエ・ベブリエ

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

Score Extra #5/ヘイリー・ヒルズ
多くの巨乳系スキンマガジンで活躍したヘイリー・ヒルズのハードコアを収録したDVDです。
合わせて5人の巨乳女優が登場しますが、ヘイリー・ヒルズの大ファンである私は、彼女だけが目的でDVDを購入。
初めて彼女を雑誌で見た時は、キレイな目と、小柄な身体に似合わない巨乳に圧倒されました。ダンサーをしていただけあって、スタイルと身体の柔らかさは抜群。

本DVDでは彼女は女医という役どころです。まあ、あんまり関係ないんですけどね。
モジモジしながらフェラをお願いする患者の希望を、彼女はいとも簡単に叶えてあげてしまいます。スコアのDVDらしく、大きなおっぱいと合体シーンを強調したショットが満載です。
残念なのは、パーツショットが多くヘイリーの顔がそれほど映されないということです。まあ、見る人の目的は決まっているから仕方が無いか…。
個人的には彼女の青い瞳・キレイな金髪をもっと映し欲しかったですね。
とは言うものの巨乳好きには堪らない内容と思います。
大きなおっぱい好きの方はぜひどうぞ。
ヘイリー・ヒルズ(ScoreExtra)
Natural Wonders of the World 2
99年のBlueCoyoteの作品です。
人気のあるシリーズでかなりの数の作品がリリースされているようですが、私が観たことがあるのは、このパート2のみです。
英国人の天然巨乳女優キャロル・ブラウンのハードコアが観たかったというのが観た理由です。
とはいうものの、キャロル・ブラウン以外の3人の女優も、タイトル通り凄い巨乳で内容はかなり充実しています。

内容は娼婦が待つ館に男が訪れファックする、それだけです。
最初はハンガリー出身のイワーナ。当時売り出し中の新人だったはずです。新人とはいうものの白のブラウスに真っ赤なコルセット。それだけでもう興奮ものです。英語がうまく話せないところも可愛い(笑)。
戦いは男優のディック相手に後背位、騎乗位と続きます。カメラは局部や連結部よりも巨乳を追っていて、でっかいおっぱい好きの気持ちを良く分かっている内容となっています。最後は大きなおっぱいに発射してバトル終了となります。
イワーナですが、おっぱいの形・茶色の髪の毛・顔立ち等々ケイ・パーカーに雰囲気が良く似ていると思います。私の好きなタイプ。
イワーナ

次は私が楽しみにしていたキャロル・ブラウンです。
彼女は出演当時、スコアの姉妹誌ボラプチャスの人気投票1位になった女優さんで、ボラプチャスでの人気を裏付けるようにややぽっちゃり体型です。下半身の肉付き具合はかなりの迫力です。
真っ白な下着を着け、英国英語を話すあたりは上品なイメージですが、彼女の戦い方はかなりいやらしいです。
自分で自分の乳首をもぐもぐした後は、男優のちんぽにむしゃぶりつき、フェラしながら自分のオマンコに手を伸ばします。
騎乗位でおっぱいがゆさゆざ揺れるショットは圧巻。
戦いの最後はパイズリです。ひとしきりパイズリした後、巨乳へ白い液体が勢い良く発射されクロージング。

巨乳好きのためのDVDです。大きなおっぱい好きの方はぜひどうぞ。
キャロル

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

The Untamed
1979年のVCX作品です。
私が初めて見たのは90年頃でしょうか。初めて見た海外物ということでとても印象に残っている作品です。
現在であればDVDで見るのでしょうが、当時はそんなメディアがあるはずもなくVHSのビデオで鑑賞。
本編での「主演」はジル・ジャクソン(Jill Jackson)と表記されますが、パッケージの主演の筆頭にはケイ・パーカー(Kay Parker)がプリントされています。
内容は乱暴に言わせてもらうと「妄想遊び」です。色々なシチュエーションやプレイを想像し、その様子がインサートされていきます。
奥さんと使用人、継父と娘、SM等今から見るとソフトな作りですが、それでもやはり最後のケイ・パーカーとジョン・レスリーのガチンコ対決はホットな仕上がりです。ケイ・パーカーは手錠をはめられ不自由な体制での勝負に臨みます。
パンティーを破られ、チ○コをぶちこまれ、そして一心不乱のフェラから口内発射。それでも飽き足らずパイズリして2度目の発射を迎えます。ケイ・パーカーの巨乳ならではの技です。
ケイ・パーカーといえば、「TABOO」を連想される方が圧倒的に多いと思いますが、こちらもぜひ見てみて下さい。
UNTAMED

「The Untamed」のパッケージはこちら
Untamedパケ

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。