FC2ブログ
のんびり書きます AV感想
マイペースでAV感想を書いていきます。 国内・海外問わず書いていく予定ですので、よろしく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
撮影現場のすべて/渋川さゆり
今回紹介は「白いパンティぬくもり匂い付き」でアロックスから89年にデビューした渋川さゆりクンの「撮影現場の全て」です。当時のAVといえば、バブルの影響にも押されたのでしょうが、全盛期でしたよね。その後ダイヤモンド映像やアロックスといった大手メーカーが倒産し多くのマテリアルがアンダーグラウンドへ流れ込んだのは私くらいの世代の方であればよく覚えていることと思います。当時はこんな“隣のお姉さん”風の娘がいっぱいAVに出ていたわけですから良い時代でしたよね。
さて、さゆりクンの流出モノといえば、「白いパンティ」、デビュー2作目となる「シビレふぐにご用心」が有名と思いますが、画面の一部が欠けていたりといまいちな内容でした。が、「シビレふぐにご用心」に収められていたチョコボールとの絡みの完全版とその後のインタビューが収められているのが今回紹介する「撮影現場のすべて」です。
「白いパンティ」ではスタッフが多くて緊張したというさゆりクンのために、今回はチョコと斎藤修だけが撮影に参加します。撮影が始まってすぐカメラはさゆりクンの股間を捕らえるのですが、なんとそこにはしみが…!さゆりクン、愛撫されながらキャミソールを脱がされているうちに早くも濡れてしまったようです。エロいなあ。パンティを脱がされ斎藤の舌・指攻撃が始まるものの、チョコのチンポは絶対に離しません。さゆりクンの大きなクリちゃんもはっきりと確認出来ます。表用に撮影した素材とは思えないカメラワークです。シックスナインではチョコの指攻撃に悶絶寸前になってしまうものの、かろうじて背面座位でかわします。がその後すぐにバックからの攻撃でマンペしてしまうほど突かれるのです。最後は正常位からお腹への大量発射で終了となります。
撮影現場のすべて

こちらは「シビレふぐにご用心」のパッケージとなります。
パッケージ

流出版の「白いパンティ」の過去記事はこちら
白いパンティ
白いパンティ(2)
※この「白いパンティ」は高画質版での流通物がありますので、そちらはまた今度

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

エプロンサービス/沢田麗奈
今回は、恋のから騒ぎに出演していたという麗奈クンです。が、そんなの全っ然関係ありません。大人の女のお色気ムンムンで雰囲気最高です。
子供から誕生日にプレゼントされたヒョウ柄のランジェリーを身に付け子供を挑発します。ノーパンなのであそこも丸見えです。
ジーンズを脱がせてトランクスの上からチンポを撫で始めます。ああ、気持ち良さそう…。
トランクスも脱がせるとそこには勃起したチンポが。サオと同時に袋も愛撫されるとチンポはますます大きくなって来ます。
「お母さんに興奮してるの…?プレゼントのお返しにお母さんが気持ち良いことしてあげるね」
と、膝を折って正座しながら、おもむろにお口にチンポを運びます。お口にチンポをしゃぶりながら乳首を愛撫します。ああ、いやらしい。
そして「お母さんのも舐めて」と自ら跨り子供の目の前にノーパンの股間を曝け出します。
オマンコをペロペロされるとお母さんは子供に「我慢できない、入れて…」とあっという間に降参して正常位で子供のオチンチンをオマンコに受け入れてしまうのです。
バックでは早くも「いっちゃいそう…」の言葉が。お尻の穴を使う趣味は無いのかとてもキレイです。ここもいじって欲しかった。
バックを楽しんだ後は騎乗位です。麗奈クンは前屈みになってはめているので、結合部も良く見えます。良いショットです。
再び正常位で激しく突かれると「いっちゃいそう…いっちゃいそう…い…く…」と絶頂を迎えます。胸射→事後処理のペロペロ→オマンコアップで終了となります。
麗奈クンの色気、抜群のスタイル、ピンク色の乳首、もう最高です。
沢田麗奈

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

ドラマAV/斎藤えりか
本日紹介は斎藤えりかクンの裏流出ビデオ「ドラマAV」です。といっても台湾系レーベルから発売されている高画質版です。VHS時代のものと比べると画質は雲泥の差です。生きてて良かった。えりかクンのエッチがこんな鮮明画像で観られるなんて(笑)
さて、内容ですが、えりかクンは高校の保健室の先生役です。えりかクンはこんな感じの女教師役がはまりますね。体育の先生(加藤)とは保健室でよくエッチをしているという設定らしく、保健室で一人でオナニーをしているところを加藤に見つけられ「いつもの治療お願いしますよ。先生も好きなやつです」とお願いされ、「しょうがないわねえ…」と言葉とは裏腹に積極的に受け入れてしまうのです。
そして、えりかクンは加藤のジャージを脱がせてチンポへ「お口治療」を施します。えりかクンのフェラ、すごいです。ゆっくりと何度も喉の奥まで吸い込むフェラです。フェラ好きの人はこれだけでビンビンもんでしょう。あまりの激しさ(気持ちよさ?)にたまらず加藤は「先生、優しくして下さい」と言ってしまうくらいです。
あとは白衣を脱がされ、自らパンティを下ろし、エッチが始まります。うっとりと目を閉じて挿入を待ち受けるえりかクンの顔、黒のストッキングにガーターベルト、ソバージュのかかった黒く長い髪、色っぽいっす。
シックスナイン→後背位と続き最後は顔シャで1回戦終了です。
この当時のAVはやっぱり女優の質も作品の質も全然違いますね。この独特のイヤらしさ。今でも全然通用しますよ。
元ネタはスタジオ418が90年にリリースした「保健室で舐めあげて」となります。
ドラマAV

「保健室で舐めあげて」のパッケージはこちら
保健室で舐めあげて

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。