FC2ブログ
のんびり書きます AV感想
マイペースでAV感想を書いていきます。 国内・海外問わず書いていく予定ですので、よろしく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SWEET HEART Vol.4/日向まこ
80年代後半にロリロリフェイスで人気を博したAV女優、日向まこクンの裏流出ものです(本当のタイトルは「SWEEI HEART」ですが、これは明らかな誤植でしょう(笑))。
まこクン関連の裏物では「だって早くやりたいの」というのを持っていたのですが(元ネタは学園社より88年2月に発売された「うそでしょ!日向まこ」)、そのビデオはいつの間にか散逸し手元に残っていませんでした。まこクンの喘ぎ声と顔シャされる顔をもう一度見たい!ということで色々と探してみると、本作「SWEET HEART」というシリーズの一つで配巻されているとのこと。発売から時間が経っているせいかなかなか手に入れられませんでしたが、先日あるネット通販会社で扱っているのを発見。早速購入してみました。
私が昔持っていた「だって早くやりたいの」は何度かダビングを繰り返したものでしたが、この「SWEET HEART」はさすが正規に発売されたものらしく、画質はまあ良い方でしょう。

まこクン、当時はロリ顔でセーラー服がよく似合うという印象でしたが、今改めて見るとそれほど幼い顔でも無いですね(笑)。でも小さなおっぱいと髪を束ねているリボンはまこクンらしく、懐かしいです。
一応ストーリーらしきものはあります。スチール撮影をするAV女優を演じているまこクンから話は始まります。監督からエッチを強要され、最初は嫌がっているものの消極的に受け入れてしまいます。パンティを脱がされ、股を開いた状態で両太ももを押さえつけられ、アナルに指挿入されます。しかもアナルとバギナの両穴同時の指挿入までやられちゃうんです。まこクンのこんな姿が見れるなんて、そのシーンだけでもファンには興奮ものでしょう。アナルセックスもやっちゃいますが、これは何か擬似っぽっかったな。でもアナルで「いっちゃう、いくいく」と絶叫するまこクンの表情は可愛いです。
後半は、好きでもないアナルセックスでいってしまったまこクンが恋人にエッチで慰めてもらうシーンです。そちらはまた今度。本作の元ネタはスタジオ418の「本番してもいい年頃」(1988年3月)となります。

ちなみにクレジットはされていないようですが、芹沢里緒くんの本番シーンも収録されています。こちらについてもまた今度。リクエストがあれば早めにアップしますので、コメントください。
日向まこ

「本番してもいい年頃」のパッケージはこちら。
本番してもいい年頃

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。