FC2ブログ
のんびり書きます AV感想
マイペースでAV感想を書いていきます。 国内・海外問わず書いていく予定ですので、よろしく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TABOO 11(Crazy on You)
ケイ・パーカー(Kay Parker)主演で今でも人気のある「Taboo」。その人気にあやかり「Taboo」はシリーズ化されましたが、本作はシリーズ第11作目にあたる作品です。製作は確か93年か94年頃だったかと記憶しています。偶然にメラニー・ムーア(Melanie Moore)とサンセット・トーマス(Sunset Thomas)のレズ・シーンを目にする機会があり、なかなかのホットなレズ・シーンに購入してみたわけです。今だったらDVDで正規物のコピー版となるのでしょうが、当時はアナログメディアであるVHSのビデオしか無い時代です。画像が悪いのはいた仕方ありませんが、それでもエッチシーンはホットなものが多く、当時何度も観返したものです。
冒頭のサマンサ・ヨーク(Samantha York)のDPも良いのですが、私が特に気に入ったのはモナ・リザ(Mona Lisa)のファックシーンです。彼女、初めは赤毛だったそうですが、途中からブロンドへ髪を染めたそうです。本作では綺麗な金髪をカチューシャで止め、一心不乱にチンポにむしゃぶりつきフェラを続ける彼女のホットな姿を見ることが出来ます。金髪に染めたサラサラヘアー、(豊胸手術しているようですが)大きなオッパイ、スレンダーな身体、細くてキレイな指、とエロさ満点です。
モナ・リザはやはり主役級女優のサポートで出演することが多かった女優さんですが、その独特のいやらしさはなかなかのものです。「Taboo」シリーズもここまで来るとパワーダウンしたとか色々言われていますが、「Taboo」として見なければ、まあまあの出来なのではないでしょうか。
TABOO11

テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。